心と体の不調に悩んでいるならメンタルクリニックで診察を受けよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

心療内科を利用しよう

笑顔の婦人

相性の良い病院を選ぼう

精神的な病を疾患してメンタルクリニックを選ぶ場合は、自分の性格と相性の良い病院を選びましょう。例えば病院の規模が小さな場合は、精密な心理検査やMRI検査などが出来ない可能性がありますが、大規模な病院よりも患者数が少ないために、医師が丁寧に話を聞いてくれるようです。他方で大規模な病院の利点としては、医療設備が充実しているために精密検査をしっかりと行える可能性が高いです。人気の高いメンタルクリニックは患者数が多いために、すぐに診察が出来ない場合があります。この場合、病院に相談する事によって診察までの応急処置として抗不安剤や睡眠剤を処方して貰えるケースがあります。またメンタルクリニックを選ぶ場合は、そのメンタルクリニックに在籍している医師の得意分野を把握することをおすすめします。これは病院に問い合わせをして、どのような患者が多いのかを質問すると良いでしょう。メンタルクリニックの中には、例えば女性患者に強い病院や子供の精神病に強い病院など専門分野がそれぞれ違う事があります。また選んだメンタルクリニックの医師と相性が悪い場合は、我慢をして症状を悪化させるよりも、医師を交代するか転院を検討する事を提唱します。

病院を選ぶ基準

良いメンタルクリニックがわからない場合は、かかりつけの内科医に相談するといいでしょう。プロである医師は診療科が違っても名医を知っているケースが多々あるからです。また自分の事を良く知っているかかりつけの内科医は、自分と相性の良い精神科医を紹介してくれる可能性が高いです。かかりつけの内科医がいない場合は、知人に病院を教えて貰う方法もあります。そしてメンタルクリニックは精神面の治療という側面が強いために、内科や外科よりも医師の相性が重要となります。例えば高圧的な態度で命令をしてくる医師や治療方針について患者の話に耳を傾けずに独善的な雰囲気を持つ医師は避けるようにしましょう。また臨床心理士が所属しているメンタルクリニックはカウンセリングも期待できます。この場合、30代以上で過去のカウンセリング実績の高い臨床心理士が所属しているメンタルクリニックの方が安心できると思います。良いカウンセラーの特徴として考えられる事は、患者にとって必要な事をピンポイントでアドバイスしてくれたり、そのアドバイスを元に患者自身が病気の改善点について考えるきっかけを与えてくれるという特徴があります。そのようなカウンセラーは安心感があります。